至福の時間

f0047870_6442550.jpg



日曜日の朝の 散歩
実に気持ち良かった~~♪
前の日 雨だった。夕方 一度止んだ雨が 夜中に再び降ったらしい。
しっとりと濡れた ちょっと冷やりした空気を感じながら
歩いていると 金木犀の甘い香りが漂ってくる。

こんな朝は 散歩が実に楽しい。
そっと忍び寄ってくる 秋を見つけながら 歩くのも
また 楽しい。

f0047870_6505549.jpg


いつもの公園の木々も ちょっと色づき始め なんか いい感じ

f0047870_6515224.jpg


落ち葉の絨毯も かなりフカフカになってきた。


散歩の通り道に かなりのお歳のラブラドールがいる。
この夏ぐらいから 後ろ足が効かなくなって
歩行困難になってしまった。
そうしたら 今朝は 素敵な乗り物にのって お父さんと
まったりお散歩しているのに出会った。

f0047870_6544427.gif


その乗り物がこれ!
かっこいいやん!!

この12月で14歳になるそうだ。
真っ赤な専用カートで 気持ち良さそうに
目を細めながら お父さんとの散歩を楽しんでいる。

このゆっくり流れる時間
これこそ 至福の時ではないだろうか
時を止めることは出来ない。
でも、ゆっくりゆっくり 自分のペースで歩いていくことは

出来る。


大好きなものたちと共に


******************************

「富士丸君」のこと

犬飼いや犬の好きな方で ネットをする人なら
一度は名前を聞いたことのあるであろう
「富士丸君」が今月の1日 急逝していたことを知りました。

「富士丸な日々」

まだ7歳でした。
あまりの突然の死に言葉もありません。

特に熱心な読者でもなかった私ですが 
富士丸君のおかげで ある素敵な宿に泊まれたことがあります。

宿の紹介には 「中型犬まで」と書いてありました。
けれども 「富士丸君」が泊まったことがHPに書いてありました。
そこで ダメ元で 「秋田犬と一緒に泊まりたいのですが」と電話してみました。

そこの宿は別荘地にあって 観光シーズンが終わると置いていかれて
野良犬化した犬を何頭か引き取って自分の家の子にしているご夫婦が
やっている静かな宿でした。
他のお客様がいなかったこともあって 宿の中 すべてフリー
まるで 自分の家にいるようで 眠る時間以外は リビングで過ごし
あれやこれやと 雑談に花を咲かせたのでした。

その時 ご主人が話していた 富士丸君のことを
思い出します。

その宿は こちら


富士丸君の ご冥福を心よりお祈りします。
[PR]

by yamato_01w | 2009-10-18 06:43 | 大和と飛鳥丸  

<< 思い出し日記#1 思い出し日記  大山の旅#1 >>