思い出し日記 その2

★ ペット博2008と ドッグダンス

10月13日 ボク達は インテックス大阪で行われて
「ペット博2008」に行って来た。
ドッグダンスの上手なお友達 ビジョンフリーゼのパフィーちゃんが
ダンス競技会に参加するので 応援に行ったのだ。

最初は 飛鳥丸はお留守番の予定だったんだけど
急遽 一緒に行くことになった。
お母さんは 「人も犬も一杯だから飛鳥丸が吠えるかもしれない」と
とっても心配していた。。。
が、飛鳥丸は 全然 吠えなかった!
凄いぞ!!!

駐車場から会場に向う途中 
「あれ!あれは 秋田犬だ~~」と
どちらからも惹かれあうように近づいたら
やっぱり「秋田犬」
それも可愛らしい 「あんちゃん」という女の子。016.gif

お母さんもお父さんも ボク達が「無礼な振る舞い」をするのではないかと
心配していたが そんなことはボクはしない。
飛鳥丸は どうかなぁ~~と思ってみたら
飛鳥丸も紳士的ご挨拶
あんちゃんも 友好的にご挨拶してくれたので
ボク達はうれしくなってしまった。

会場まで一緒に歩いて 入る前に 記念撮影までしてしまった(笑)

f0047870_1141105.jpg


さらに 歩いていると 向こうからまた 「秋田犬!」
こんなに秋田犬が一杯ペット博にきているとは知らなかった003.gif
「サダハル君」というカッコイイ男の子
またまた ボク達もご挨拶
お母さんもお父さんも やっぱり心配してたけど
ここでも皆 紳士的ご挨拶
誰も吠えることも唸ることも無く またまた「記念撮影」

f0047870_11445323.jpg


着いた早々 秋田犬に会えて その上「記念撮影」まで出来たものだから
お母さんは 興奮状態!

ところが 会場はすごい「人」と「犬」でごった返していて
ダンスの会場まで なかなか行き着けない。
吠えているのは 小さいワンコばっかりで 大きなワンコは 皆静かだ。
やっとたどり着いたら ダンスの会場は 幾重にも人垣が出来ていて
ダンスなんて何も見えない。
お父さんもボク達も いっぺんに疲れ果てた015.gif

でも、ラッキー あんずちゃんのパパさんと 「ゆう君」を見つけたので
少しほっとした。外に涼みに出ていたあんずちゃんとママさんも帰ってきて
やれやれだったんだけど暑くて 人が一杯で。。。

その上 通りすがりの人がみんな
「かわいい~~!」とか
「きゃぁ~ 秋田犬だ~」とか言いながら
ボク達のことを むちゃくちゃに触っていくんだ。

「触っていいですか?」と言う人もいるけど
何も言わずに「おっす!」といいながら頭を撫でていくおじさんもいて
内心 「飛鳥丸 大丈夫かなぁ」と冷や冷やしていた。

が、飛鳥丸は「ワン」とも「うん」とも言わずに頑張っていた。
横を見るとあんずちゃんも同じ状態で
ボク達はなが~~いため息をつきながら
ひたすらお母さんが「帰ろう!」と言ってくれるのを待っていた。

ボク達が外で記念撮影とかしている間に
K'sドッグスクールの幾田先生ともねチャンのダンスは終わってしまっていて

残念!002.gif

でも パフィーちゃんのダンスは バッチリ見られた。
この凄い人ごみの中で みんなに注目され
その上 なれない場所なのに パフィーちゃんとママさんは 堂々と
ダンスを踊っていて ボクたちはもう ビックリ!

可愛いパフィーちゃんのダンスに 周りのお客さんも拍手喝采
ボク達も鼻高々だった。

f0047870_11585038.jpg
f0047870_1159935.jpg
f0047870_11592023.jpg
f0047870_115933100.jpg


パフィーちゃんは 「審査員特別賞」を獲得したのだった!
おめでとう~~!
ボク達的には 「優勝」でもいいと思うほど上手だった。

実は ボクも k'sドッグスクールで開かれる
「ハロウィーン・パーティー」でダンスを披露することになったのだ。

と言うことで 日々練習に励んでいる。

パーティーは
10月26日(日曜日)15時から17時
場所は K'sドッグスクールのドッグランで
参加費用は 1頭 1,500円

ドッグダンスのほかにゲームあり 仮装大賞あり 楽しいパーティーの予感
誰でも参加できるが 「基本的なしつけの出来ているワンちゃん」と言うことで
詳細は スクールに問い合わせて欲しいそうだ。

k'sドッグスクール
奈良市押熊町1296 0742-49-6688


f0047870_12293363.jpg

(写真: あんずママさん撮影)

当日の飾り物も決まって・・・・

後はお母さんのリズム感の無さが最大の問題だ・・・
[PR]

by yamato_01w | 2008-10-21 11:29 | 大和と飛鳥丸  

<< あれから3年 思い出し日記 その一 >>