<   2006年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

登録しました

f0047870_011928.jpg
f0047870_021144.jpg


ボク 今日 注射をしました。
全然痛く無かったよ
「狂犬病」の予防注射って言うんだって

その後 お母さんと一緒に車で「役所」に行って
「登録」をした。
これで 「正式にうちの子になったのよ」と
お母さんは言う。
なんか分からないけど「よかった」ことらしい。

注射しに 獣医先生のところに行った。
体重が22,4キロになった。
お腹を壊さなきゃもっと増えてた思う。
ボク 長いこと十分にご飯が食べられなかったから
今も 欲張って食べるとお腹の調子がすぐ悪くなってしまうんだ。
お腹さえ丈夫なら もっと一杯食べられるのになぁ。。。
残念だ!

それに 先生は言ってくれたんだ。
「一杯 筋肉もついてきて 足もしっかりしてきたねぇ」って
お母さんもすごく嬉しそうだった。


これで ボクは 正式に 「家族」になった。
これからもヨロシクね!

--------------------------------

大和を東京都の愛護センターから引き出し 保護してくださった
ボランティア団体さん

「CATNAP」小さい命を救うネットワーク

そして 保護日記「一つだけの花」

こちらの保護団体さんは 東京都動物愛護相談センターに収容された犬猫の譲渡先団体として認可を受け 殺処分の期限が来ても引き取り手の無い子を 引き出し里親を探しています。
すべての子を 引き出すことは出来ません。
愛護センターにおいても そこまで来ても さらにそこで 「命の選別」をしなければならない
辛さは想像に難くありません。

また 愛護センターから引き出すとき CATNAPさんが 「元親」というか 「仮親」になります。
だから もし里親さんが見つからなければ 当然引き出した子たちは CATNAPさんのスタッフと生活するわけです。東京という都会の中で複数の犬の保護をすること
どれほどの苦労ががあるか。。。

狂犬病の予防注射をし 登録を済ませ CATNAPさんから 所有権が我が家に
都を介在して正式に移ったわけです。
私たちは 都にも 登録番号を知らせると共に 誓約書も提出しました。
[PR]

by yamato_01w | 2006-01-31 23:59 | 家族  

「おいで」の練習中です

f0047870_1111984.jpg


f0047870_1113920.jpg
f0047870_1121787.jpg


今 僕は 「大和 おいで」と言われたら
呼ばれた人のところにすぐ「行く」練習をしてます。
家の中では 喜んでいくときも
いやいやながら行くときもあるけど 
まぁ 10回くらい呼ばれたら 2,3回は
行くようにしている。

お母さんが ご飯を作っているときや
美味しそうな臭いをさせているときは
すぐ行くことにしている。
そして すぐに「お座り」することにしている。
そうするとお母さんが喜んで
美味しいものをすぐくれるからだ。

「大和は賢いねぇ」と褒めてくれる。

えへへ  僕って賢いんだぁ~~

今日は 外で「おいで」の練習をした。
でも 外では 面白いことが一杯あって
いろんなことが気にって
「おいで」なんていわれても
全然聞こえなかった。
だから 知らん顔してたら
なにやら。。。
いい臭い。。。
あ~~お母さん おやつ持っている。
あ~~~おやつ持ったまま どんどん離れていく。
行っちゃぁダメ!
追いかけようと思ったらお父さんがリードをぐっと持っていて
行かれない。

遠くから お母さんが「おいで」と呼んだ
お父さんと一緒に走った。

勢いが付きすぎて お母さんに体当たりしてしまった。
でも
美味しいおやつがもらえた。
すぐに何故もらえないのか分からないけど
「おいで」と呼ばれたら 走っていく。
なんか面白そうで楽しいぞ!

何回も繰り返した
おやつを持っているのがお母さんだったり
お父さんだったり

「なんだぁ~ 大和 おやつがあると早く走れるんだねぇ~」だって
僕ってゲンキンなんだそうだ。

また このゲームやってくれるかな?
[PR]

by yamato_01w | 2006-01-30 01:24 | 学習  

君達の分も。。。

f0047870_0524485.jpg


僕はここの子になってから みんなに言われる。
「よかったねぇ ここの子になれて 」と

本当にそうだ。
僕が居た あのとっても冷たいところ
あそこから出られない子が一杯いる。
今も居る
そして もう、いない子もいる。

僕達 犬が悪いのだろうか?
僕達 何か悪いことしたのだろうか?

お母さんは 「違うよ」と言ってくれる。
「大和はちっとも悪くない」って

僕も あそこから出られなかった子も
変りは無い。
きっと あの子達も 「家族」を待っていたはずだ。
でも とうとう家族にめぐり合えずに
死んでしまった子

僕は その子たちの分まで 幸せになるんだ!

あの冷たいところのこと 目をさらさないで見て欲しい。

「動物愛護センターに行ってきました」 1月24日付記事

千葉WANのmaricoさんのレポートです。
---------------------------------------

このようなことを書くと 時々思いもかけないことを言われることがあります。

「うちは ペットショップから犬を買ってしまいました」
とか

「ペットショップから犬を買ったらダメなんですか!」
とか

「ペットショップから買いましたが 十分幸せです」
とか

そんなことが言いたいのではないのです。

大和を迎えて 「保健所から引き出した犬なんです」と
紹介すると 大抵の人が「よかったわね」とか
「幸せになりなさいね」とか好意的な言葉を掛けてくれます。
ところが 一人だけ違う人が居ました。

「まぁ 保健所につれていかれるような犬なの?」と・・・

保健所に連れて行かれるような犬とは
どんな犬のことですか!

人間の身勝手さ

それ以外に何がありましょうか?!


保健所で死んでいく犬たちへ
同じ人間として 謝りたい

ごめんよ!
せめて せめて大和は幸せにするからね。。。
[PR]

by yamato_01w | 2006-01-30 00:53 | 家族  

お父さんと僕

f0047870_23155235.jpg


昨日 僕はお父さんと2人だけで
初めてお留守番しました。
お母さんが「新年会」に行ってしまったからだ。
でも お父さんが居たからそれほど寂しくはなかった。

犬は家族と一緒じゃなきゃ生活できないんだって
僕にも家族は居たんだ。そう思ってた。
でも 違ったみたいだった。
家族を探してウロウロしていたら
「こっちにおいで」と言われて
「わぁ~~い 家族だ」と思って喜んで走っていったら
とても冷たくて怖いところに行ってしまった。
でも 優しいおばさんが暖かいお家に連れて行ってくれた
けど そこには 小さな 年取った病気のワンコとか
震えて吠えてばかりいるワンコとか一杯いて
僕はいつも狭い折の中に居た。
その人も家族じゃなかった。

今度こそ僕は家族にめぐり合えたんだと思う。
だから 嬉しくて嬉しくて
すぐに自分でもどうにもたまらないくらい
嬉しくなってしまって手に噛み付いちゃうんだ。
真剣に噛み付いているわけじゃない。
でも、時々力が入っちゃうときがある。
すごく叱られる。
特にお母さんは怖い。
でも、お父さんはお母さんほど怖くない。
だから つい調子に乗ってしまうときもある。

自分でもイケナイって思っているんだ。。。

こんなことしてたらお父さんに嫌われてしまうかも。。。
と実は僕心配だったんだ。
でも、 この間一杯歩きすぎて疲れちゃって
ハラペコになってしまって「もう。。。ぼくダメ。。。歩けない。。。」て
立ち止まってしまったんだ。。。
『もしかしたら 又1人ボッチになっちゃうかも。。。』って思ったら
お父さんが抱きかかえてくれたんだ。
僕って大きくて重たいから 時々僕もちゃんと降りて自分で歩いたけどね。
歩けなくなると またお父さんが抱きかかえてくれた。
嬉しかった!いい気持ちでラクチンだった。
思わず嬉しくてお父さんの耳をぺろぺろしてしまった。

その日から僕とお父さんは随分言葉が通じる間柄になった。
今も お父さんの手を見ると嬉しくって噛み付きたくなる。
でも、一生懸命我慢している。
そうしたら「大和 いい子だなぁ」と褒めてくれる。
嬉しくって また 噛み付いちゃう
あああぁ ダメな僕。。。。

だけどお父さん 大好きなんだからね!
分かってくれているかなぁ。。。
[PR]

by yamato_01w | 2006-01-23 23:38 | 家族  

雪の上をお散歩

f0047870_23424140.jpg


今日も まだ雪が一杯残っていた。
気持ちが良い青空 
でも寒かった~~!

今の僕には 毎日のお散歩でたくさん歩くことと
一日3回の食事が必要なんだって。
「今までの分を取り戻すのよ」とお母さんは言う。
良く分からないけど 毎日ご飯が食べられて
いっつも折の中で窮屈なおもいもしなくてよくなって
僕は嬉しい。

土曜日に降った雪は「最近では最高に一杯積もった」そうだ。
本当は僕は寒さに強いらしいが まだ 毛皮が貧弱で
ちょっと寒かった。
が 今日も4回も散歩に行けて 嬉しかった。
けど僕 なんにも引っ張っていないのに
お母さんが「ひっぱちゃダメ すべる~~すべる~~」といって
僕に頼ってくるから重たかった。
まぁいいけど。。。
雪を食べるのは 楽しい
ふわっとしていて 
冷たくて

f0047870_2353295.jpg


お散歩の時 僕はまだまだ覚えることが一杯あるって
お母さんは言う。
たとえば 僕とお母さんで行きたいところが違ったら
「10のうち8はお母さんの行きたいところ」に行かなきゃならないそうだ。
なんでだぁ~~
と僕はいつも抗議する。
他のうちのワンコはどうなんだろう。。。
と僕は考える。

だって 僕 お散歩するの初めてなんだもん。。。
その割りには歩き方が上手だとお母さんは褒めてくれた。
でも まだまだだって

「うちの子はこっち見てといったらカメラ目線をすること!」
という最大の課題があるそうだ。。。

ぷりんお姉ちゃんは上手だったらしい。

f0047870_013692.jpg


僕だって いい線いっていると思うんだけどなぁ
[PR]

by yamato_01w | 2006-01-23 23:38 | 学習  

僕 大和です。ヨロシクね!

f0047870_2154340.jpg


初めまして 僕 大和です。
最近 このおうちに来ました。
僕はあの忠犬ハチで有名な「秋田犬」だそうです。
もちろん 男の子
年齢は。。。たぶん1歳は過ぎていて でも2歳にはなっていなくて。。
う~~ん
あとは お母さんに任せます。
じゃ お母さん バトンタッチ
よろしくねぇ~~


ハイ バトンタッチされた 大和の母
ぷりんママです。

昨年2005年10月に大切な大切なぷりんが
悪性リンパ腫のために虹の橋にわたってから2ヶ月
クリスマスの翌日 ふと目にした「犬の里親募集」のサイトの
秋田犬の男の子 
その子のことがどうしても心から離れなくなりました。
まだ若い元気な秋田犬の男の子であるはずなのに
体重は17キロ強 お散歩の経験もあまり無い
知っている世界は「ケージの中だけ」
その挙句に捨てられたのか 逃げ出したのか
行き着いた先は「動物愛護センター」

ぷりんは 最後脳へリンパ腫が転移しました。
いろいろなところが麻痺してしまい 発作が起こりました。
いっぱいつらい事がありました。
一番悲しかったのは ぷりんがお腹が空いていて
食べたいのに 発作が起こったり 
思うように飲み込めなかったりして
ご飯が食べられなかったことでした。

「食べたいのに食べられずに痩せてしまった 秋田犬」
腹いっぱいになるまで食べさせてあげたいねぇ
ぷりんに話しかけました。
「そうだねぇ あの子もきっと食いしん坊だよ。
うちで食べさせてあげたら」
そんな風に答えたように思えたのは
気のせいだったのでしょうか。


秋田犬

成犬

どれもが引き取るのをためらわせるに十分なものです。
責任をもって育てられるのか
きちんとしつけられるのか
3日間迷いました。

縁あって我が家の新しい家族となった
大和です。
まだ 一歩踏み出したばかりです。

どうぞ温かく 見守っていてくださいね。
よろしくお願いします。


写真は「オスワリ」が出来るようになって
自慢そうな「大和」です。
[PR]

by yamato_01w | 2006-01-21 02:52 | 初めまして