<   2006年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

お知らせ

ボクを愛護センターから引き出してくれた
「CATNAP」さんが 今度 「フリーマーケット」を開くそうだ。

3月5日(日)10時~15時、駒沢オリンピック公園(世田谷区駒沢公園1-1)

ドッグラン横の駐車場だそうだ!
みんな 遊びに行ってみてよね
ボクも行って見たいなぁ。。。

それから そのフリマで売るものも協力してくださいだって

詳しくは こちらから

f0047870_527340.gif


それから もう一つ

猫のお洋服や「Tissue's Trunk」さんが今年も1匹でも多くの猫を幸せにしたい・・・と
猫のためのチャリティーオークションを開催するんだって!
猫もお洋服着るんだ!ってびっくり
だけど可愛いよ!
オークションの売上はCATNAPさんのに「寄付」するのだそうだ。
気になる方はちょっと覗いてみてくださいね!
期間:2月22日(水)~3月6日(月)の13日間
だそうです。
詳細は こちらから
f0047870_533627.gif
[PR]

by yamato_01w | 2006-02-15 05:20 | その他  

少し たくましくなった?

f0047870_535353.jpg


ボクは このお家に来て 1ヶ月が経った。
いっぱいご飯も食べている
一杯お散歩もしている

お母さんが「後ろ足に少し筋肉がついてきたみたい!」と
喜んでいる。
そうかなぁ~
ボク 今23キロ
[PR]

by yamato_01w | 2006-02-14 23:02 | 大和の毎日  

ベット

f0047870_4563514.jpg


ボクは階段上りがずいぶん上手に出来るようになった
と思う。
お母さんは今も 「落ちる~~!」と心配するが
大丈夫さ!
時々2,3段 踏み外す
いや2,3段飛ばしするときもあるけど
で 2階でボク 一緒に寝るようになったんだ
えへっ!
そのとき ぷりんおねえちゃんのベットをお母さんが出してくれたので
そこで寝ることにした。

どう!ピッタリだろう♪

このベット ぷりんおねえちゃんも
「ごん太お兄ちゃん」から受け継いだもんなんだって!
ふ~~ん
なんか ボク嬉しいな
気に入っちゃった!
[PR]

by yamato_01w | 2006-02-14 20:55 | ぷりんのこと  

お父さんとお留守番


f0047870_4543424.jpg


週末 ボクはお父さんと2人だけでお留守番をした。


お母さんが人間のお姉ちゃんの引越しの手伝いに
行ったからだ。
夜になっても帰ってこなかった
朝になっても帰ってこなかった
だから ボクは寂しくなってしまって
お父さんについて歩いた。
お父さんは ゴルフの練習にも行かずに
ボクと遊んでくれた。

お父さんは優しい。
それなのに ボクはお父さんを困らせてしまった。
チョッとだけだよ。
夜のおしっこタイムのとき
首輪抜けをして見せたのだ。
上手に出来たので ちょっと嬉しくなって
走り回ってしまった
面白かった♪
だけど ちゃんとすぐに お父さんのところに
戻ってきた。
お父さんはすごくドキドキしたみたいだ。

ごめんね
お父さん!
[PR]

by yamato_01w | 2006-02-13 23:34 | 大和の毎日  

ローカル・ルール

よくゴルフなどには 一般のルールだけではなく
そのゴルフ場だけのルール ローカルルールがあるそうだ。

優秀家庭犬(こんな言葉があるのかしら?)が守るべきルール
例えば 「オスワリ」「フセ」「マテ」「オイデ」などの指示を理解し 
どんなときも それに従う(イチオウ)
散歩のとき飼い主を引っ張りすぎてはいけない
とか
勝手に人間の食べ物を食べたらダメとか

まぁいろいろあるわけだが
我が家にも
我が家だけのローカル・ルールがあるらしい。

その一
「親の体面は汚すな!」

だいたいボクは「タイメン」が良く分からないけど
今 しなくてもいいだろう!
必要ないだろうという指示も
「親の体面を守るためにシブシブでも聞く」
ことが大事なんだそうだ。

散歩に行ったとき 突然 「オスワリ」と言われた。
今 オスワリは必要ない それよりもボクは
「大きい仕事」が残っていて その方が大事なので
無視しようと思ったが
お母さんが 「こら 大和 お母さんのタイメンを汚すな!」
と言ったので 「あぁ~~こういうときには お母さんの言うことを聞かねば
後が怖い」と思ったので「オスワリ」した。

つまり お母さんは近所の人に言ってしまったのだ
「大和は もうちゃんとオスワリが出来るようになったのよ」
そう、だから ボクは座らなければならないのだ。
ところが
「せっかく 座ったから」とカメラを取り出すお母さん

f0047870_23323999.jpg

f0047870_23325891.jpg


ボクって かなり親孝行だと思う。

その二
「かぶりものを嫌がるな!」

今回はかぶりものだったが 洋服 めがね全般
お母さんが満足するように 着せ替え人形風に
色々 着せられたりかぶせられたりしても
「笑顔」で写真に写らねばならないらしい。
ぷりんおねえちゃんも これには苦労したらしい。
ボクもさっそく 「試練」がやってきた。

ボクは船頭見習いになるために 手ぬぐいを被ることになったのだ。
最初は ボクはかじろうとした。
がお母さんが大騒ぎ
疲れて言うことを聞くことにした。

本当にボクって親孝行なワンだ

f0047870_2338561.jpg
f0047870_2338183.jpg
f0047870_23383092.jpg


ぐっと疲れた 

あとどのくらい ローカルルールってあるのかなぁ。。。
[PR]

by yamato_01w | 2006-02-03 23:40 | 学習  

やっほぉ~~な一日でした

今日は 最高な一日だった。
いつも行く うちの母さんが気に入っている「河川敷の公園」に行くと
なんと この間うちに遊びに来てくれた「ゆきみちゃん」がいた。
!!!おぉ~~ということでさっそくバトルを。。。
この間よりは相手になってくれそうだぞ!

そうだ この間 うちに遊びに来てくれたときに撮った写真UPしようと母さんがいうので

あの時は まだボクのブログが出来ていなかったのだ。

f0047870_22373778.jpg


「散歩しにきたのに なんだ 写真撮るの~~」

f0047870_2239465.jpg


「退屈だぁ~~」

f0047870_22395337.jpg


「ゆきみちゃん 後でプロレスごっこしようね!」
「私 女の子だから プロレスはしないの!!」

f0047870_22413535.jpg


「ご要望にこたえて ハイ!ポーズ」

これが1月20日のことだったんだよね!
お母さん

母 「ハイ 遅くなってすいません」


と言うことで 2月2日の話に戻る。

ゆきみちゃんの他にSALAちゃんというラブラドールのお姉さんも来たんだ。
もう、ボク嬉しくなっちゃった!

原っぱは セイタカアワダチソウの枝とかあって 肉球が痛くなるので
今日は誰もいない 「サッカーグランド」で爆発した。
すこし 水たまりがあったけど走るのに困らない程度だった

f0047870_22465388.jpg

f0047870_22471865.jpg

f0047870_22474593.jpg

f0047870_22483868.jpg
f0047870_22492841.jpg

f0047870_22495469.jpg


ゆきみちゃん 楽しかったね 又遊ぼうね!
だけど ゆきみちゃんは いいよなぁ~~
後ろに重たいお母さんを引っ張って走らなくって。。。
ボクは「オイデ」が完全に出来ないから お母さんを引っ張って走らなきゃならないそうだ!
お母さんはボクに引っ張られてもカメラを離さなかった。
えらいぞ!お母さん!!

と、ふと気づくと SALAちゃんがいない!
あ~~~~~~!!

f0047870_22531860.jpg


SALAちゃんは サッカー場のちょっと残ってた水溜りで 一人爆発していた。

僕たち呆然!
f0047870_22541998.jpg


SALAちゃん めちゃ楽しかったみたいで 「お母さん楽しいよ~~」と
笑顔満開
f0047870_22553723.jpg


SALAちゃんのお母さんの悲鳴がサッカー場に響いた(笑)

この後 大きなバーニーの男の子にも挨拶できたよボク!
f0047870_2314564.jpg
f0047870_2315846.jpg

こんなに楽しいお散歩は初めてだ

一緒に遊んでくれてありがとう ゆきみちゃん SALAちゃん!

ボクはこの後 爆睡した
[PR]

by yamato_01w | 2006-02-02 22:27 | 遊ぶ  

新たなる挑戦

f0047870_0432223.jpg


ボクは 今日 新たなる挑戦をした。
それは「カイダン」だった。
会談ではなく 怪談でもなく
「階段」だ。
ボクは ここのおうちに来て初めて「階段」と言うものを見た。
まるで壁のようだった。
お母さんが何故 上っていけるのか分からないけど
ボクには到底 無理なことのように思えた。
けど お父さんもお母さんも「階段」を上って
どこかに行ってしまう。
家の中にいることは分かる。
においがあるからね!
でも姿が見えない。

ボクは悲しくなってしまって大きな声で
「おかあさ~~ん」と呼んでしまう。

お散歩のとき 外にも階段があることを知った。
その階段は 上れた。
そのとき ボクは決心したんだ。
家の中にある あの「階段」
必ず上って見せるぞ!

今日は雨で退屈だった。
だから ボクは決心したんだ。
「今日やろう!」

怖かった。
途中で止まってしまったら 動けなくなった。
ずるずると滑って 足が片方落ちた

するとお母さんが飛んできた

「何やっているの!」と
大きな声で言われた けど
助けあげてくれた。
そして「2階」に連れて行ってくれた。
そこには まだ部屋があった。
ベットもあってそこはお父さんとお母さんの寝る部屋だそうだ。

ぷりんおねえちゃんの臭いも一杯残っていた。
ボクは一杯クンクンした。
ぺろぺろもした。

その後 階段を「下りる」事にも挑戦した。
足が滑りそうだったけど これもお母さんと一緒にしたから
大丈夫だった。

興奮したボクは その後も何回も上ったり下りたりしたけど
お母さんがすぐに飛んできた。
そんなに心配しなくても大丈夫だよ!

今日は疲れた。
今度は 一人で挑戦してみよう。


写真はさすがに今日はお母さんもカメラを構える間も無かったらしい。
でこの間の日曜日の写真を 今日もぺったんするそうだ。

仲良しのお父さんとボクさ!
[PR]

by yamato_01w | 2006-02-01 23:40 | 学習