<   2006年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧

 

繋がる点と点 あるメールより

ボクはぷりんお姉ちゃんから受け継いだものが一杯ある。

おうちに来てくれたお友達だって ぷりんお姉ちゃんのお友達だった。
このボクのブログだって ぷりんお姉ちゃんのときからのお友達が
殆どだ。
昨日 お母さんが しみじみ ある方から頂いたメールを読んでいた。

それは「チビ君」の飼い主さんからだった。

チビ君は 迷子になった子だ。
お母さんが病院のポスターを見て それから大分経ってから
今度はネットで「チビ君」のことを見つけ
そのことをブログで書いたんだ。
ぷりんのkiseki 2005年6月23日の記事を参照

チビ君についての詳細はこちらから


チビ君はまだ 見つかっていない。
名前と電話番号が首輪についていたのにだ。
どこに行っちゃたんだろう。


チビ君の飼い主さんはぷりんの姉ちゃんころから ブログを見ていてくれたそうだ。
でも、この記事は知らなかった。
偶然 見つけたそうだ。
それでわざわざお礼のメールをお母さんにくれたそうだ。

見知らぬ人との 温かい気持ちのふれあい
人生の時の流れの中で ある一瞬交差する時間軸
その点と点が繋がった。
お母さんはそんな感じがしたそうだ。
これで ひょっこり チビ君が帰ってきてくれたらなぁ

皆さん  知りませんか?
[PR]

by yamato_01w | 2006-03-30 23:47 | ぷりんのこと  

ボクの値段

f0047870_23434132.jpg


風は強いけど いいお天気だった3月29日 「今日はちょっといつもと違うところに行こうか」
というお母さんと張り切って歩き出したのはいいけど  迷子になった。
お母さん 地図持ってこなかったの?って聞いたら 「大和が居れば大丈夫」だと思ったんだって。。。そんなぁ~

ぷりんお姉ちゃんは 「帰巣本能」というのが強かったらしい。
お散歩に出て 帰り道が分からなくなったら
「ぷりん お家に帰ろうよ」というと 家まで連れて帰ってきてくれたらしい。
お姉ちゃん すごい。。。

桜を見ながら ボクの気の向くまま 足のむくまま歩いていたら
今まで来た事のないところに来た。
道も細く 行き止まりのところも多くて わぁ~~ん
道が分からない。
で、ボクとお母さんはウロウロした。
すると見知らぬ人から 声を掛けられた。
「秋田犬だろう」
「いい犬だなぁ」と褒められた。
こういうことは 実は良くあることなんだ。
散歩をしていると 殆ど毎日「秋田犬だね いい犬だなぁ」と
声を掛けられる。
殆どの人が触らせてといい ボクの頭を撫でていく。

今日の見知らぬ人は おじいちゃんとおじちゃんの中間点に居るぐらいの
おじさん。
昔 大きな犬を飼っていて 秋田犬も育てたことがある。と言っていた。
どの犬も「とってもいい犬」で「値段も馬鹿にならないくらい高くて」
たとえば「身長が160センチ以上もある 大きな子は 200万近く」もしたそうで
「やっぱり 大きい犬はいいなぁ」という。
「はぁ はぁ・・・」と聞いていたお母さんに そのおじさんは聞いた?

「この犬 いくらだった?」
そこで お母さん仕方が無く
「この犬は買ったんじゃないです。保健所に連れて行かれて 
処分されそうになったのを引き取ったんです。」
と言った。
「ほぉ じゃ金は払っていないんだ」とおじさん。
「まぁ そうですね。」とお母さん

「そりゃぁ 得したなぁ」とおじさんは 
実に羨ましそうに言った。


そこでお母さん ボクを無理やり引っ張って 逃げ出した。
後で聞いたら あの調子で話していたら
「○○円でゆずらんか?」と言われそうな気がしたんだって。。。


良く分からないけど 
ボクは元気さ!
f0047870_015359.jpg

[PR]

by yamato_01w | 2006-03-29 23:40 | 大和の毎日  

春うらら ボクはハーレム大王・・・のはずが

f0047870_159581.jpg


なぜか ゴミだしをした頃から お母さんの動きが機敏になってきた!
と思ったら やっぱりお出かけだぁ
天気もいいし さくらも咲いてきたし みんな 今日は
「ダンナは留守で元気が一番」の日らしくって
ゆっくりできるからって急遽
「2006年 花見第一弾」となったわけらしい。

ボクのホームグランドに来てくれたのは
ひーままさんちのゆきみちゃん
さく・も子ママさんちの さくらちゃん
そして 今日初めて会う 
ミリママさんちの ミリちゃんと杏ちゃん
杏ちゃんは ボクと同じくミリ家に最近やってきた
新しい家族なんだ。とっても小さくって 可愛かった。

f0047870_254051.jpg


左が杏ちゃん 右がミリちゃん

ふと気づくと もしかして~~男の子はボクだけ!
わぁ~~~い
ボクはハーレム大王だ!!
のはずだったんだけど ゆきみちゃんにはいつものように「お子様はイヤ」って言われるし
さくらちゃんは「1m以内には来ないで!」と言うし
ミリちゃんは時々「あんまり馴れ馴れしくしないでよね!」と言うし
杏ちゃんは「おおきいぃ。。。」って怖いみたいだし
う~~ん ボクちゃん 辛いよ^~
だけど 花見の後 みんなでボクのおうちまで来てくれたんだ。

f0047870_293785.jpg


このボクの顔を見れば どんな一日だったか
分かるよね!
イエェ~イ!!
[PR]

by yamato_01w | 2006-03-27 22:58 | 大和の毎日  

お父さんとボク 

f0047870_1572141.jpg


日曜日(過去日記です)の桜
まだまだ満開ではないけれど お父さんとボクと桜
[PR]

by yamato_01w | 2006-03-26 23:56 | 大和の毎日  

結膜炎

f0047870_1521699.jpg


昨日の夕方の散歩の後くらいから
なんか 目が開かなくなってきたボク
朝になったら ますます目が開かなくなって
気分もブルー
でも食欲はバッチリ
で病院に行った。
結膜炎だって!
しばらく目薬を差すことになった。。。
嫌いだ!これ。。。
でも我慢してるよ ボク

やっぱり お目目パッチリじゃなきゃね!
写真は 結膜炎になる前のボク
[PR]

by yamato_01w | 2006-03-25 01:55 | 健康  

モデルはつらいよ!

f0047870_154442.jpg


そろそろ あちらこちらで桜の開花情報が聞かれるようになったが
佐倉の城址公園では もう、こんなに桜が咲いていた。
といっても「カンザクラ」

お姉ちゃんが博物館を見ている間 ボクとお母さんは散歩&写真撮影していたんだ。
ボクは お付き合いさ!
f0047870_161295.jpg


公園の中に何に使うのか分からないけど高い階段状の
そう、昔学校の運動場の朝礼台のようなものがあって
ボクは駆け上がった!
すかさずお母さんはシャッターを押す
どう、カッコイイだろう!
f0047870_163834.jpg


だけど お母さんは下で何やら怪しげな動きをする
おまけに大きな声で何やら言う。
「大変だぁ~」と思って降りようとすると
「マテ じっとしていて~~」と騒ぐ
もう、訳が分からんと思っていたら

f0047870_17468.jpg


こういう風に 桜をバックに写真が撮りたかったんだって!


本当に注文の多いカメラマンだね
モデルは辛いよ!
[PR]

by yamato_01w | 2006-03-22 23:01 | 大和の毎日  

メロディちゃん



ボクを保護してくれたCATNAPさんが 3月9日にセンターから保護した
ヨークシャーテリアのメロディちゃんが 
保護された翌日の10日に亡くなった。
保護された時点で ひどい脱水状態と下痢で病院に
即入院になったそうだ。

「保護日記 一つだけの花」の3月9日の記事を見て欲しい。
とてもヨーキーとは思えない 毛玉の塊だ。。。
なんて ひどい。。。

ボクみたいな 大きな体の男の子でも
おうちが無くてあちらこちら放浪するのは
とっても大変で ハラペコで ビクビクで
ドキドキで 悲しいことだったのに。。。
メロディちゃんは 山奥に捨てられたそうだ。。。
メロディちゃんは若くは無い。
きっと元の飼い主さんと一緒に それまでは 幸せに暮らしていたはずなんだ。
メロディちゃんは お家に帰りたくて一生懸命だったはずだ
だから夜には真っ暗になる山の中で
まだ 寒い日もあるのに頑張ったんだ。

でも帰れなかった。。。
こんな小さな子を山の中に捨ててしまった人間
その子を保護して 最後まで面倒をみて
綺麗にしてお空に見送ってくれたCATNAPのスタッフも人間

ボクはとても不思議だ
人間て何だろう。。。

でもボクは思う。犬でよかったよ!
[PR]

by yamato_01w | 2006-03-17 03:20 | その他  

大和の ある日曜日

f0047870_242697.jpg


ボクがナゼこんな顔になってしまったか。。。
話は長い

ボクはこの間の日曜日 家族みんなでお出かけした。
最初に行ったのは「秋田犬保存かい千葉支部展覧会」
と言うところだった。


f0047870_2461169.jpg
f0047870_2463428.jpg

みんなボクと同じような顔をしてた。
でも大きくて ボクよりカッコよかった。
とお母さんは言っていた。

「大和はもう少し毛が増えなきゃぁ」だって
人を。。。いや犬をハゲのように言うのはやめて欲しいよ
マッタク!

その後 せっかくだから遊ぶことにした
いつもはテニスボールで遊ぶけど 今日はサッカーボールだ!!
ボク このボール好きなんだ♪
f0047870_2521371.jpg
f0047870_253169.jpg
f0047870_2543459.jpg


と言うことで お姉ちゃんと 真剣バトルを繰り広げている間に
こんな顔になっちゃった!

そしてボクはこの後 シャンプーされたのだった。
[PR]

by yamato_01w | 2006-03-17 02:58 | 大和の毎日  

春なのに

f0047870_1333263.jpg


水曜日 くっくちんさんのところのくっくちゃんが亡くなった。
金曜日 ひーままさんに車に乗せていただき 最後のお別れをさせて頂いてきた。

くっくちゃん 以前会ったのは くま子ちゃんにお線香を手向けたときだった。
そのときは あんまり触らせてもらえなかった。
くっくちゃんのお耳は 肉厚で大きい。
ぷりんと一緒。
亡くなってもお耳は硬くならない。一杯触らせてもらった。

くっくちゃんの具合がとても悪いと聞いてから どのくらいの日が過ぎただろうか
時には絶望的な報告に胸が苦しくなったが
一時はご飯も食べられて。。。
よかったと思ったのもつかの間だった。

足には白いたびを履いている。みんなそれぞれたびの大きさが違って
可愛い。毛並みもつやつや ふかふか
金曜日は朝から冷たい雨
春とは思えないような冷たい雨

昨年の5月10日にクマ子ちゃんが亡くなった。
まだ1年も経っていないのにね。
明日 荼毘に付されるそうだ。
そっとお別れさせてもらうね。

ぷりんが癌と分かってから 幾たび「さようなら」を言ったことだろう。
いや その前に 日高ちゃんとの悲しい別れがあった。
時にこんなことを言われる。
「神様は その大きな難題をきちんと受け止められると思うから
その人にその難題を与えるのだ」と

「うそ!」といつも心の中で思う。

くっくちんさんの優しい笑顔が明るくはじける
そんな日が
一日でも早く来ることを心より祈りたい。
くっくちゃん 
良く頑張ったね。
ゆっくりおやすみ。。。

合掌
[PR]

by yamato_01w | 2006-03-12 01:53 | その他  

大切なお知らせ

f0047870_142296.jpg


以前 マスコミでも取り上げられたことがあるので
もうご存知の方が多いかもしれませんが
ボーダーコリー特有のCL(セロイド リポフスチン )と言う病気で亡くなった
「五右エ門君」のお母さんからの大切なお知らせです

詳しくは 「shizueの部屋」の3月6日の記事をお読みください。

こちらから

私のお友達は殆どが 日本犬およびMIXですので
どれほどのアナウンス効果があるのかわかりません。
ブログ HPをお持ちの方 どうぞこの件を取り上げていただけたら
と思います。
また 近所の方でネット環境にないかたにこそ
この情報が届くことを強く願います。

私もたまに 本当にたまにボーダーコリーを連れた方に
会います。
そのときのために この犬舎の名前を覚えておこうと思います。

「アルサシアン犬舎」

癌も ある犬種に顕著に表れるという現実があります。
また 以前は健康な犬の代名詞であったかのようなMIXも
多くの子が癌になっています。
癌の場合は何が悪いのか一概にはいえませんが
CL病は 完全に遺伝疾患だそうです。
このようなことを耳にするに付け 「ブリーディング」の
難しさを痛感します。
安易なブリーディングが 生ませた仔だけではなく
その先何代もの悲しみに繋がることを 是非真剣に考えて欲しいものです。

CLについて また検査についても詳しく知りたい方は
是非「さようなら 五右エ門」を覗いてみてくださいね。
[PR]

by yamato_01w | 2006-03-12 01:32 | その他