<   2006年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

晴れれば

晴れても ボクはお散歩に行く。
しかし 今日は暑い。

f0047870_0134814.jpg


何しているの?って

暑くてもう歩けないと訴えているところ

お母さんも暑いと期限が悪い。
この後 グングンと引っ張られて 有無を言わせず
歩かされた。。。

暑いの嫌いだ!
[PR]

by yamato_01w | 2006-06-27 23:12 | 大和の毎日  

雨の日も

天気予報では 「午前中は 傘はいらないでしょう」と
ニッコリお姉さんが 笑いながら言っていたけど

公園 3つ目に到着するやいなや ザバ~~っとあめが降出した。
ボクは気にしない!
ずんずん 歩く
一杯歩く。
草むらの中も 
ずるずるぐちゃぐちゃの 泥んこの中も
お母さんを連れて
気がつくと
お母さんのズボンはひざまビチョビチョだった。
靴もびしょびしょ
靴下もドロドロ。。。

f0047870_095527.jpg


お母さん 雨なのに 一杯付き合ってくれて
ありがとう!




「うそだ~~い!そんなことボク言っていないよ~~~!
早く写真撮るの止めてよ!と言っているのだ~~」

こら!黙れ!!(母)
[PR]

by yamato_01w | 2006-06-26 23:01 | 大和の毎日  

養老渓谷

梅雨の晴れ間の週末 
しかも今日は お父さんもおうちにいるって!
なら お出かけしなきゃぁ~~
って言うことで
「養老渓谷」に行ってきました。

f0047870_18381036.jpg


ココが有名な 「粟又の滝」
う~~ん、 大きな水溜りだなぁ・・・

f0047870_18393571.jpg


ちょっと歩きにくいなぁ

f0047870_18395447.jpg


お父さん ありがとう!
f0047870_184016100.jpg


ココは歩きやすいなぁ それに涼しいし 
ご機嫌 ご機嫌!
f0047870_18405828.jpg


何か発見!

f0047870_18412693.jpg


何だ 何だ こいつら。。。

「見ないことにしておこう!」っと
(それでも秋田か! 母)

f0047870_18425842.jpg


恐々・・・・

f0047870_18444632.jpg


石の橋は 渡るの難しい

f0047870_1845284.jpg


わぁ~~い 休憩だぁ
お父さん おやつ 早く 頂戴!!

f0047870_18465813.jpg


えへへ~~ 満足 満足

さぁ もうひと頑張り 歩きますかねぇ~~

f0047870_18475430.jpg


自主休憩もしたけど 頑張って全行程 完歩!

(当然でしょう たいそうに言うな! 母)

又 行こうね!
[PR]

by yamato_01w | 2006-06-24 18:35 | 遊ぶ  

時には

凛々しいボクの顔
f0047870_0194012.jpg

[PR]

by yamato_01w | 2006-06-24 00:24 | 大和の毎日  

梅雨の晴れ間のお散歩

ボクはお散歩のとき 3つくらい公園をはしごします。

梅雨だけど ちょっと暑いけど
やっぱりお散歩は
f0047870_010091.jpg


楽しいよねぇ~~~

草が伸びてても
f0047870_0103962.jpg


かくれんぼ出来るし

f0047870_0111331.jpg


ご機嫌さ!

でも、やっぱり
f0047870_0114663.jpg


暑いなぁ~~
疲れちゃったよ。。。
ちょっと休憩しよね お母さん!

f0047870_0123857.jpg


だんだんお腹が空いてきちゃったよ。。。ボク

f0047870_0133184.jpg


もうだめだぁ~ 動けない。。。

f0047870_0141119.jpg


ズイブン遠くまで来ちゃったなぁ・・・

「こら~~~!何を言うているか!!自分の足で歩きなさい」 (母)

f0047870_016594.jpg


えへへ 何とかおうちまに着きました。
明日も いっぱいお散歩行こうね!にっこり
[PR]

by yamato_01w | 2006-06-23 23:07 | 大和の毎日  

宿題と発展課題

f0047870_23391021.jpg


この間の勉強会で お母さんは 宿題を出されたらしい。
「オスワリ」
「フセ」
「マテ」
のまま お母さんがボクの上を2,3回跨ぐんだ。
この間 出来なかったから お母さんは練習しなきゃ!
と思ったらしい。
だけど ボクがすぐに出来たものだから
何かもっとほかの事をやりたくなったらしい。

それでぷりんお姉ちゃんとやったことを思い出したらしい。
まず ボクの足元におやつを置く。
そして、「NO!」と言うんだ。
そして「マテ」と言って離れる。
少しはなれたところから
「オイデ」とボクを呼ぶ。

ボクは最初は せっかく置いてくれたんだから
足元のおやつを食べてから お母さんのところに行こうとした。
でも「ダメ!」って言われたんで食べずに
お母さんのところへ行った。

お母さん 「すご~~~い!!!」と褒めてくれた。
何だ 簡単ジャン!!

後でちゃんと足元のおやつも食べられるんだもの。

ボクって えらい?!

お母さんの宿題に付き合ってあげたから
疲れた。
だから一杯お昼寝をした。


しつけ教室のワンたちの写真 UPしました。
良かったら見てくださいね。
母より

こちらから
[PR]

by yamato_01w | 2006-06-20 23:48 | 大和の毎日  

花菖蒲を見に行きました

f0047870_18155854.jpg




勉強会の後 近くの城址公園まで
花菖蒲を見に行く

秋田犬は 花菖蒲にぴったり!
[PR]

by yamato_01w | 2006-06-19 18:16 | 大和の毎日  

勉強会

またまた 思い出しにっきです。(^^ゞ


f0047870_16453493.jpg


先週の水曜日は お母さんの勉強会だった。
お母さんたちがボクたちワンとどうしたら気持ちを伝えることが出来るか
勉強するらしい。
とてもいい心がけなので ボクは 暑いけどちゃんと付き合ってあげた。

勉強会には 以前に会ったことのある アトラス君やGRのさくらちゃん
シェルティのトミー君がいた。
「やぁ~」と挨拶した。
前回から 杏ちゃんもお母さんに付き合ってきているのだけど
なんと!ミリちゃんも参加するそうだ。
その上 ゆきみちゃんも体験できていた。
なんて みんなお母さん想いの良い子なのだろう!!
えらいぞ!

先生は。。。このあいだ お泊りしたくっくちんさんだ。
ということは。。。。
わぁ~~~い やっぱり いた居た「ぼの君」

だけど 今日は思いっきり遊べなかった。
ちょっとつまらない。
だけど 我慢してお母さんに付き合ってあげることにした。

オスワリして フセして と思ったら
お母さん 突然 ボクの上を跨いだ!
「そんなこと聞いてないぜ!!」とボク
なので抗議した。
フセを拒否したのだ。
そうしたら。。。
おいおい お母さん
先生の「ココまでで できなかった人?」という言葉に
元気よく「は~~~い フセが出来ません」とか言って
手、上げてんの!!
いやになっちゃうよなぁ~~。
仕方なく やってあげたよ。「フセ」
上を通るときは急にじゃなくて ちゃんと断って欲しいよなぁ!
頼むぜ!お母さん。

その後 ボクを置いてお母さんが離れたところに行く。
そしてお母さんが「おいで!」と言ったらお母さんのところに行く
と言うのをやった。

お母さんが 「バイバイ 大和 じゃぁね」とか言って
背中を見せて 走っていく。
お~~い 転ぶなよ!!
って言っても 見えているジャン!!
離れていくって それだけかよ!
見えてますよ~~~ お母さん!

「大和 おいで~~」とお母さんが呼ぶ。

ハイハイ 行きますよ~~ お母さん 
行けばいいんでしょう~~。
うん?
なんかあっちに 面白いものがあるぞ
うん?あそこにぼの君がいるじゃないか!!
お!あっちにはミリちゃんが退屈そうにしているぞ。
ちょっと遊んであげるか~~

と思ったら しつけの先生に ぐいっと引き戻された?
なんだ?
走っていくのか?
そんなの知らないぞ。
しょうがないなぁ~
本当に注文が多いんだから。。。

あれま お母さんがあっちで必死になって呼んでる。
分かったよ~~
ハイハイ 着きました。

今度は走って一目散に走って来て欲しいって?!

ハイハイ分かりました。

ボク一生懸命付き合ってあげるから
お母さんも頑張れ!
(ハイ 大和 よろしくね!)
[PR]

by yamato_01w | 2006-06-19 17:10 | 学習  

初めてのお泊り保育

皆さん ごめんなさい
ボク 大和です。
お母さんに代わってお詫び申し上げます。
お母さんは 怠け者です(ハイ)
すぐぐうたらします。(ハイ)
何でもめんどくさがります。(ハイ)
これから心を入れ替えますか?(ハイ)
というので許してやってください。(お願いします)


初めてのお泊り保育。。。にしては長かった!
八泊もした。

結論からいうと
「と~~~~っても楽しかった」
のだ!!


f0047870_7435516.jpg

f0047870_7442483.jpg

f0047870_7444274.jpg


しつけの先生のところには ニューフェイスの「ぼの君」
という男の子がいたから毎日 転げまわって思いっきり遊べた!

楽しかったなぁ~~

お母さんがしつけの先生のおうちを選んでくれたのは正解だった。
ボクとぼの君は仲良しになったけど最初はあまりに大きさが違うので
ボクが口を開けるとぼの君の頭が ボクの口にすっぽり入ってしまうくらいだった。
だから ぼの君もビックリして「キャン」というときもあった。
ここでもし しつけの先生のところじゃなかったら
ボクは危険人物。。。いや危険秋田犬として
檻の中に入れられていたかもしれない。
だけど そうじゃなくて お互い遊び方を知らないだけだったんだ。
慣れてくるとちゃんと ボクは力加減も出来るようになった。

とにかく ボクは 毎日ぼの君と遊んでいたから お母さんが迎えに来たときは
「え~~もう帰るの!!」
って言うぐらいだったんだ。
いや、お母さんが帰ってきてくれて嬉しかったんだけど
「もう帰るんだ!」って言う気持ちのほうが大きかったんだ。
そうしたらお母さん フクレテた。

でも、家に帰ったら 「やっぱり帰ってきて良かった!!」と思ったよ。

だけど ぼの君とまた遊びたいなぁ~~~
[PR]

by yamato_01w | 2006-06-09 07:56 | 大和の毎日