思い出し日記#2

飛鳥丸 2回目の家族記念日続き

f0047870_892478.jpg


この写真は 2年前の11月30日のものです。我が家に飛鳥丸が来てから1週間・・・
この1週間の間 飛鳥丸は ほとんど熟睡していませんでした。
こんなに 「寝ない子犬が居ているのだろうか」と思うほど
いつも体に力が入っていて リラックスしていないのです。

私たちに構ってほしい 甘えたい 見てほしい そう思っているのはよくわかるのですが
いざ 手を差し出すと逃げ 見つめれば 「スイマセン」と謝りながらケージに逃げ込む
自分から私たちの方へすり寄ってくるのに こちらが動いた瞬間に
いそいで走って逃げてしまう。

それは夜中も一緒。。。

夜中に何度もおしっこ うんPで起こされるので 飛鳥丸のケージの横で寝ていたのですが

「あ~ 気持ち良さそうに寝ているなぁ~」と寝顔を覗こうと体を動かすと
その気配で 飛び起きて体を小さく縮ませ
理由は何もないのに 
「ごめんなさい ごめんなさい」と謝るのです。


ご飯には飛びついて がつがつ食べるし
走り回って 騒ぎまわって いたずらしまくって 「天真爛漫」のように見えながら
体に染みついて どうしても抜け出ない「恐怖感」

痛ましくっていじらしくって 抱きしめてやりたいのだけど手を伸ばせば
逃げ回って暴れまわって 「ごめんなさい ごめんなさい」の繰り返し
どうしたら この「恐怖感」を取り除いてやることができるのだろう。。。

11月末 小春日和の風もない お日様の光りが温かくって
おもわずうとうとお昼寝をしたくなってしまうような午後
リードをつけて庭に出て ガーデンテーブルのところで
飛鳥丸と日光浴

飛鳥丸もお日様が気持ちよくて すごく眠たそう
そりゃ 夜もろくに寝ていないのだから 眠くもなります
ガーデンテーブルの上で 少し力を入れて 横に寝かせてみました
飛鳥丸 必死で逃げだそうとしますが
ちょっと強く抑えて 体中をマッサージしてやりました。
飛鳥丸 ものすごく迷惑そう(笑)
まるで 拷問されているように 悲しそうに上目づかいでこちらを見ます。
がさらに 優しく お腹をさすってやりました。
そうしたら 気持ちの良さと お日様の温かさで 思わず 目が「トロ~~ン」

「ふ~~」って力が抜け 初めて私の手の中で 飛鳥丸は眠りに着きました。
そっと 顔を近づけて 臭いをかぐと 子犬くさくてシッコくさいにおいがしました。

ガーデンテーブルの上のお昼寝は せいぜい5分くらい

でも その夜 私がこっそりカメラを向けても 飛鳥丸は起きませんでした。

この日以降も 私たちの手の動き 体の動き 表情 目線にものすごく敏感で
すぐに 「ごめんなさい ごめんなさい」と謝る飛鳥丸
その割には 本当は あんまり 「悪い」とは 思っていないらしくって
いたずらを繰り返す 飛鳥丸

f0047870_10155330.jpg
f0047870_10163567.jpg


やんちゃで いたずらっ子で 食いしん坊で まっすぐな飛鳥丸

それなのに 体に染みついた 恐怖感は 今も完全に抜けてはいないのです。
小さな小さな 飛鳥丸 
うちに来るまでに 何があったのでしょうね。。。

今も人は大好きなのに 話しかけられると 「来ないで下さい 近づかないでください」と
吠えてしまう飛鳥丸です


続く
[PR]

by yamato_01w | 2009-11-23 10:00 | 記念日  

<< 観てきました... 思い出し日記#3 思い出し日記#1 >>