人気ブログランキング |

お茶でも飲みながら

f0047870_1801398.jpg


(写真は 東大寺近く 氷室神社のしだれ桜 3月26日夕方)


お茶を飲みながら。。。


でも、聞いてください。
結構 長いので。。。汗

私 考えてみたら 結構ネット生活長いです。
世の中が「ミレニアム問題」と騒いでいる時には
もう、我が家にはパソコンがあったので
10年。。。

それなりにネットで知り合った大切な友達も増え
私の世界はネットによって支えられている部分も
大きいわけです。

mixiにも誘われて入ってから足掛け5年
マイミクの中にはとっても物知りで 世の中で活躍されている方も
多々おり ネットを通じてでなければ知り合えなかったであろう人も
多いです。

そういうマイミクさんの日記で知ったことを今日はお話してみようと思います。

犬との生活が長ければ 誰もが必ず経験する
「犬との別れ」
その経験は 人それぞれではありますが
私たちの「生き方」にいろんなことを教えてくれた
と私は感じています。

私の場合は 「引き算の生き方」を。。。
そして どんなに嘘をつこうと 誤魔化そうとしても
自分に対してだけは 嘘はつけない 誤魔化しは 効かない
ということも。。。

などなど、、、


最近は ツイッターというものが世の中では流行っているようで
世情に疎い私は知らなかったのですが

「1000の風」と「千の風」問題
が取り上げられ多くの人の関心を呼んだそうです。

「千の風」。。。紅白でも歌われた そう!あの歌です。
聞いた人の多くは感動し涙を流すとか
残念ながら 私は いまひとつ心を動かすことができなかったのですが
「千の風」が新井満氏によって訳されるずっと以前に
南風椎(はえ しい)氏によって訳され 本にもなっていたことを
マイミクさんの日記で知りました。

「1000の風」と「千の風」問題については

南風氏のブログに8回にわたって詳細に書かれているので
時間があったら 読んでみてくださいね。

南風椎の「森の日記」

「1000の風」と「千の風になって」

wikipediaでもこの件に書かれているので
こちらの方は 大分短い(笑)
ご参考に

こちらから



著作権の問題って 難しいですね。
ものづくりやではない 私ですが 
こんな ささやかなブログや
へたくそな写真でも 無断で使われたら
やっぱり嫌ですものね。
ましてや 自分のものとして 大和や飛鳥丸の写真が
他人に使われたら それも意図しない形で使われたら
嫌です。

南風氏の憤懣は理解できます。

そして 私が一番驚いたのは
「千の風」を 新井満氏が商標登録し それに関して
様々な「商品」まで作っていることです。

考えてみれば あのオペラ歌手のCDを発売するに関して
何らかの権利を保護する必要があったのかもしれませんが

そもそも 「作者不詳」の歌をこんな形で商品化することに
私は違和感を持ちました。
「千の風。。。」がメディアで取り上げられたときに
何か違和感があったのはこの点だったのだなぁ
と 今 思っています。

童謡や 民謡にも 作者不詳の詩に曲をつけたものが
ありますが それとは一線をひく何かがあるような感じがします。

そこには 「人間の欲」が見え隠れします。

新井氏は 基金を設けて寄付しているようですが・・・
だから 商品登録することが「是」と言えるのか 疑問です。


私たち 犬飼いの間でもいくつか 作者不詳の詩が
身近にありますよね。

「虹の橋」や「犬の十戒」

「犬の十戒」は 詩と言えるかな?ですが
「虹の橋」に 勝手に曲をつけられたり
「犬の十戒」が商標登録されて
ドリンク剤かなんかできて(笑)

「毎日 1本 犬の十戒~~ 今日も元気に散歩に行こう!」
なんて言われたら。。。。

オイオイですよねぇ~(爆)


「虹の橋」も「犬の十戒」も
その人 その人の想いを胸に その人なりに噛みしめて
心に秘めていればよいことだと私は 思うのですが
どうでしょう。。。。

最後に 南風氏訳の「1000の風」を
氏は この訳詩をCopyleftとされたそうです。



『1000の風』
訳 南風椎



私の墓石の前に立って
涙を流さないでください。


私はそこにはいません。


眠ってなんかいません。


私は1000の風になって
吹きぬけています。


私はダイアモンドのように
雪の上で輝いています。


私は陽の光になって
熟した穀物にふりそそいでいます。


秋には
やさしい雨になります。


朝の静けさのなかで
あなたが目ざめるとき


私はすばやい流れとなって
駆けあがり


鳥たちを
空でくるくる舞わせています。


夜は星になり、


私は、そっと光っています。


どうか、その墓石の前で
泣かないでください。


私はそこにはいません。


私は死んでないのです。



Copyleft by Hae Shii 1995-2010

読んで頂いてありがとうございました。

by yamato_01w | 2010-03-30 18:02 | その他  

<< 困ったチャン 飛鳥丸君 Before After >>